2014年03月21日

bluetoothキーボード+カバー

このbluetoothキーボード+カバーを買いました。
【JUVENA】lenovo ideapad miix2 8用BluetoothワイヤレスキーボードPUレザーケース付 / JUVENA

説明にあるように、キーボードだけ分離できます。そしてキーボードが軽く、miix2 8本体とほぼ同じ大きさなので、カバーは使わずに本体とキーボードだけを百均のソフトケースに入れてもOKかと思います。コメントにもあるように、bluetoothキーボード単体でこれだけ安いのもなかなか無いので、お得ではないでしょうか。

カバーは、miix2 8専用ではなく7インチ汎用らしく、miix2 8で使うには非常にきついです。自分のははっきり言って常用できないレベルだったので、改造しました。
まずゴムを思い切り引っ張って、1本だけハサミでじょきん。思い切りがいりました。
1.jpg 2.jpg

2本で折り返しているところを、1本にして先端だけを折り返してホチキスでガシガシとめました。見た目は最低ですが、本体装着すれば隠れるので気にしないことにしました。
3.jpg
3か所手術した状態。
4.jpg
完成!
5.jpg
楽々装着できるようになりました。

まず英語キーボードなので、レジストリを変更&再起動しました。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters]
"LayerDriver JPN"="kbd101.dll"
"OverrideKeyboardIdentifier"="PCAT_101KEY"
"OverrideKeyboardType"=dword:00000007
"OverrideKeyboardSubtype"=dword:00000000

この変更でスクリーンキーボードも英語キーボードになります。もともと仮名キーは使ってなかったので、自分は気にしません。逆に見た目がすっきりしていい感じです。

打ちやすさは普通です。キータッチは安っぽいですが、安いので値段相応でしょう。ファンクションキーがFn同時押しが必要なのはちょっと不満です。ctrlキーとcapsキーをフリーソフトchgkeyで入れ替えました。IMEは、Alt+「‘」キーでON/OFFできます。
突然キーが押されっぱなしになって、キーボードの電源をオフにしても治らないことが2,3度あり、どうしたものかと思ったのですが、「SE の雑記」のページを参考にさせて頂き、Lenovo Bluetooth with Enhanced Data Rate Software をアンインストールしたらおさまりました。どうやらこのbluetoothスタック?がイマイチの出来のようです。このソフトをアンインストールしても特に悪影響はありません。どうしても入れたくなったらbluetoothドライバを再インストールすればよいそうです。

文章を入れるときはタッチキーボードよりずっと捗るので、手軽なキーボードとして重宝しています。
ひさしぶりに自分のページにあるリンクを押して、Amazonサイトでこの商品を見たところ、なんと改良されてバージョンアップしているようです!
自分が頑張って改造した、どう考えても7インチ・タブレット用サイズだったプラスチック・フックは、袋型で横から入れるようになったようです。キーボードのスイッチ位置も手前側から奥側になり、キーボードに山がついて、閉じたときにタブレット画面を保護してくれそうです。
改良版が欲しくなりましたが、悔しいので買いません。まだ持っていない人は、改造不要になっただけでも買いかと思います。
posted by イヂリー岡戸 at 17:06| Comment(0) | miix2 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。